本文へスキップ

ALSAは国内にとどまらず、アジア、さらにはヨーロッパなどの学生と学術交流を行う
アジア最大規模の法学生団体です。

協力団体・企業紹介Partner

企業

大塚製薬 大塚製薬様より、ALSA Japanが2014年8月に主催したStudy Trip in Japanに対して、物品提供をしていただきました。

日本経済新聞社

2014年8月、ALSA Internationalの広報誌"ALSA Magazine"の刊行や、Study Trip in Japanの開催などにあたって、日本経済新聞社様のご協力をいただきました。
辰已法律研究所 辰已法律研究所様より、ALSA Japanが2014年4月20日、5月10日・5月11日に主催した学術交流会に対して、協賛金を頂きました。
ライオン事務器 ライオン事務器様より、ALSA Japanが2012年4月に主催した学術交流会と、8月に主催したStudy Trip in Japanに対して物品提供をしていただきました。
αリーダーズ α Leaders様より、ALSA Japanが2011年8月に主催したALSAの国際会議であるALSA Forumに対して協賛金を頂きました。
株式会社ヒューマンセントリックス
2011年、株式会社ヒューマンセントリックス様に、渉外用ALSA Japan紹介プレゼン動画を作成していただきました。その動画はこちらです。
株式会社ジースタイラス 2011年、株式会社ジースタイラス様の主催するイベントにALSA Japanから3名を派遣し、協賛金を頂きました。

財団

三菱UFJ国際財団

2014年8月にALSA Japanが主催したStudy Trip in Japanに対して、三菱UFJ国際財団様より助成金を頂きました。

団体

Human Rights Watch 国際人権NGOであるHuman Rights Watch様に、2009年度以降、毎年3,4名のインターン生を受け入れていただいております。2011年度には共催で勉強会を開催しました。

学生団体

国際医学生連盟IFMSA 国際医学生連盟IFMSA-Japan, アジア医学生連絡協議会AMSA JapanとALSA Japanはそれぞれ覚書を結んでいます。これに基づき年に5回程度、法・医学双方の観点から一つのテーマについて議論したり、互いの得意とする活動を紹介したりするなどの企画を共催しています。
アジア医学生連絡協議会AMSA

後援名義

日本経済新聞社

日本経済新聞社様より、2013年4月21日、5月11日・5月12日に行われたALSA Japan主催の学術交流会にご後援いただきました。
法務省より、2012年4月22日、5月12日・5月13日に行われたALSA Japan主催の学術交流会にご後援いただきました。

2008年度以前ご協力団体・企業

2007年6月、三洋電機様よりICレコーダー(ICR-PS285RM(H))を3台提供していただきました。
 

パートナーズ法律事務所

オリーブの樹法律事務所

パートナーズ法律事務所様・オリーブの樹法律事務所様には、2008年度に計4名の会員をインターンシップ生として受け入れていただきました。
SSIAは南インドのチェンナイに本部を持つ法律事務所です。2006年・2007年にALSA Japanの学生2名をインターンシップ生として受け入れていただき、同年秋には、ALSA Japanとの間に相互に今後とも協力関係を築いていくことを約す旨の覚書を締結しました。

Loading