本文へスキップ

ALSAは国内にとどまらず、アジア、さらにはヨーロッパなどの学生と学術交流を行う
アジア最大規模の法学生団体です。

団体概要About

ALSAとはThe Asian Law Students' Associationの略であり、アジア15ヶ国・ 地域 の10,000人以上の法学生が所属するアジア最大規模の法学生団体です。私たちALSA Japanはこの加盟国の一つです。国内では現在8大学を中心に200名近くの会員が在籍しています。

ALSA Japanは学術団体です。活動の中心にディスカッションを据え、相手の意見を聞き、他者の価値観を理解すること、自分の意見を述べ、自己の価値観を相対化することを通じて、一人一人がよりよい論者になることを目指しています。特に私たち法学生は、経済的・社会的なしがらみにとらわれない学生として、法の理念を追求し公平・公正に物事を考えるべき法を学ぶ者として、大学・学部の垣根を越えて社会に資する議論を行います。

さらに、ALSAはアジアで活動する国際団体です。多様な経済・社会状況をバックグラウンドに持つアジアの学生と議論・交流し、互いの価値観を理解・受容することは、将来のアジアを担う人材にとって必要不可欠です。

以上のように、ALSA Japanは、様々な人と議論を重ねることで自分を磨き、相互理解に基づく“つながり”を築いていくこと、それを通じて、アジアにおいて法学生の協調の枠組みを築き、平和で公平な社会の実現へ貢献していくことを目標として活動しています。


            
 団体名 The Asian Law Students' Association
(アジア法学生協会ジャパン、ALSA Japan) 
 設立 1996年12月22日  
 ALSA加盟国・地域  インドネシア・韓国・スリランカ・シンガポール・タイ・台湾・中国・日本・フィリピン・ブルネイ・ベトナム・香港・マカオ・マレーシア・ラオス
 国内支部  青山学院大学・関西学院大学・慶應義塾大学・中央大学・東京大学・一橋大学・早稲田大学
(準支部:同志社大学)
 会員数  (全体)約12,000人 (国内)約200人
 顧問
(50音順)
阪口正二郎先生(一橋大学大学院法学研究科教授)
佐藤信行先生 (中央大学大学院法務研究科教授)
須網隆夫先生 (早稲田大学大学院法務研究科教授)
羽場久美子先生(青山学院大学国際政治経済学部教授)
 会則  2016年度T期会則(PDF)

ALSAのネットワーク

海外提携団体


ELSA AusLSA ILSA

Loading